2011年08月28日

仔猫、病院へ行く(27日)。

仔猫、病院へ行く(27日)。
顎の下の柄はこんな感じです。変な柄(うぷぷ)。


いつもなら猫を保護した際は、保護当日〜翌日には動物病院に連れて行っているのですが、今回はちょっと後手に回ってしまい、1週間経過した昨日、やっとこさ連れて行く事が出来ました。


状態が良ければワクチン接種する予定でしたが、まずは風邪の治療を優先する事にし、抗生物質の注射を行いました。
んで、先生からは、
「これで2週間程度様子を見て、治れば一過性の風邪だけど、治らなければ生涯慢性鼻炎を抱える可能性があります。但し、ワクチン接種は結果がどちらにしろ必要なので、2週間後に来院して、その時に打ちましょう。また、鼻水が治らない場合は、FIV(猫エイズ)やFeLV(白血病)の検査もしてみましょう」
との事でした。


…って云うか、保護直後は両鼻から鼻水を(T T)←こんな感じで垂らしていて、あからさまに風邪っ面だったのですが、日が経つに連れてそれが徐々に減って来ました。
「ああ、きちんとした食生活や落ち着ける睡眠場所が、治癒効果を高めたのね!」と、勝手に思っていたら…何とヤツ(仔猫)、

ベ ッ ド の 淵 で 鼻 を 拭 く 技 を 会 得 し て お り ま し た 。

最初はママンのおっぱいを飲む時に鼻を押し付ける仕草に似ていたので、「可哀想に、母恋しいのね…」なんて同情した管理人がアフォだった。
もう丁寧に、鼻をしっかり淵に押し付けて、上から下へとしっかり拭いていたんですわ…orz
お陰でベッドは鼻水だらけ、しかも食べ過ぎでベッドの中で初ローゲーしてしまったので、速攻で代用品に交換しました。


…病院での話に戻ります。
抗生物質は注射2本分をぶすり。飲み薬の処方はありませんでした。
んで、性別の確認をまだしていなかったので、依頼をした所…またもや「 女 の 子 」(笑)。
そして年齢は5ヶ月前後。乳歯が抜けかかっているのが決め手でした(管理人の予想、僅かに外れる!歯にはまだ目が行かなかったヨー)。
体重は2.35kgありました。意外と重っ。でも、ウチに来てから1週間で、かなり増えてると思う…。

仔猫、病院へ行く(27日)。・2
それでも、こんなにヒョロヒョロのニョロニョロ…。

全て事が終わって、いざキャリーに戻そうとしたら、お漏らししてしまいましたorz
他の患畜でもよく見る光景だし、いきなり洗濯ネットを被せられてキャリーで見知らぬ場所に運ばれた挙句(恐怖の余り、ネットの中とキャリーの中では大暴れ)、お尻にぶっすりお注射されたら誰だってたまりません。クサーだけど、こればかりは仕方なし。
でも先生、ごめんなさいですorz


そして帰宅後、お漏らし状態でケージに戻す訳には行かないので、そのままお風呂へ直行し、ネットの上から汚れた部分だけを事に。本当は全部洗いたいけど、ただでさえ風邪気味なので、悪化させてはなるまいと、お尻から四肢だけを水(お湯)洗いする事にしました。

しました…しました…つもりが、再びネットの中で大暴れして横転。しかも暴れてネットの隅っこにぎゅうぎゅうに詰まってしまい、網にかかった魚が転がって動けなくなっているみたいな感じ。結局、全身ずぶ濡れになってしまいましたとさ(トホホ)。
しかし母と2人がかりで懸命にタオルドライをし、何とか短時間で自然乾燥出来る状態に。お陰でオシッコクサーは綺麗になくなりました。


次回の通院は2週間後。
注射の即効性は無いらしく、まだ鼻ズビ状態なので、他の猫に感染したり、鼻水を飛ばし&あちこちで拭きまくられると困るのですが、このままケージに入れっぱなしにしておくのはあまりに不憫。
近日、部屋に放す予定ですが、何日にするかを家族と相談中です。

仔猫、病院へ行く(27日)。・3
カメラがあまりお好きではなく、レンズを向けると威嚇したりもしますが…

仔猫、病院へ行く(27日)。・4
こんな表情を見せる事も出来る様になりました。
しかし、ケージ越しの撮影って難しい。
オート(フォーカス)だとカメラがピント合わせで延々考え込んでしまうので、マニュアルも駆使して頑張っております。



■web拍手、8/21・22:37のサナエさま→
気持ち的に少し余裕が出来たので(手子の存在を確認出来たから)遅ればせながらの返信です。
手子の事、お気にかけて下さって恐縮です。実は今日も、自宅玄関前で目撃しました。空腹でウチに立ち寄ろうとしているのかも知れません。
仔猫の猫割れ、おっしゃる通り下ぶくれ気味です(笑)。しかし不思議な柄だのう…(親戚に見せたら大笑いされました)。

ニックネーム 津軽氏 at 23:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月27日

23日以降の手子。

※今日の日付変更直後に記事を書いていたのですが、眠くなってしまい途中で切り上げて寝てしまったので、過去日時になっています。



その後、手子は23日の記事投稿の数時間後、今度は自宅の玄関側に姿を現しました。
家族総出で呼びかけると、振り返って立ち止まりはするのですが、近寄っては来ない状態(元々、家の中ででも自分からは積極的に近寄る事は少なく、サッと捕まえる事も出来ない猫でした)。結局、すたたたた…と、軽い足取りで姿を消し、庭には現れませんでした。

23日の夕方に庭に現れた時の手子の姿は、家にいる時と何ら変わりは無く、身体もふっくらしていて毛づやも良く、目も綺麗に輝いていました。
2年前に初めて庭で姿を見かけた時は(当時は栄養失調などとは思ってもいなかったのですが、それでも)、毛はパサパサで身体も小さく、頼りなかった事を考えると雲泥の差です。


……管理人が思うに、今回、自宅前に現れたのは、その数日前から降り続いた雨で、食糧に困り、「ここ(ウチ)ならあるだろう」と、思って来たのではないかと。
集合住宅には数匹の野良猫がいます。彼(彼女)等が元気に過ごせていると云う事は、誰かしら・何処かしらで食事を与えている人、置き餌をしている家がある筈。実際、お姉ちゃんの保護直前にも、何日間にも渡って、誰かがドライフードをばら撒いていました(しかもウチの前に!おいおいおい!)。
脱走後、そうやって他所様のご飯にありついて勝手気ままに過ごして来たけど、「想定外」の長雨で、ご飯にありつけなかった(ご飯を片付けられてしまったor雨で外に出しておかなかったor外に出していたけど、雨でふやけて食べられない状態になっていた)為、我家に来たのではないかと。
実は、自宅庭で目撃した数日前から、「捕獲器を怖がらない様に(手子は過去に一度捕まっているので、恐れている可能性がある)、捕獲器の中とは別にもう一箇所、雨にも濡れない場所にご飯を置いておく」と、云う作戦を行い出したばかりだったのでした。
実際、置き出した途端に、「姿の見せない何者」かが、完食した形跡が見られました。後付で考えると、前述の様な理由で他所様の所で食事が出来なかった、手子の仕業と考えられます。
そして、天気が回復しつつあり、また他所様でもご飯が出てくる様になったので、我家まで足を運ぶ必要が無くなった…………と。


つまる所、我家はもしや、手子にコンビニ代わりに利用されている?と、管理人は疑惑の目を向けています。
そうなると、都合が悪い時にしか立ち寄らない可能性が高くなります。恒常化してしまうと、本当にまた野良猫に戻ってしまうのではないか…それを非常に危惧していますが、こちらが焦っても、ただ空回りしてしまうばかりなので、小さい脳みそをフル回転しています。


これから台風も近付いて来ます。
今回、学習(と、云うか勝手な想像)した事から悪天候を逆手に取って、上手く捕獲へと利用出来ないか?あれこれ模索している最中です。
ニックネーム 津軽氏 at 01:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月23日

【速報】手子が家の庭に現れました!

ちょうど仕事の昼休み、母親から携帯へ電話。
「手子らしき猫が隣の家にいる!でもよく見えない位置にいるし、逃げてしまいそうで近付いて確認出来ない。なので、捕獲器にドライフードに加えて缶詰も出しておいた」との事。

しかしその後、終業まで連絡は無かったので、捕まらなかったんだろうな〜と、思って帰宅。案の定、電話の後は姿を消してしまったそう。
しかししかし、管理人が着替えた服を片付けていたりしたら…またもや母親の絶叫。「いる〜〜〜!!!!」
窓の先を覗いたら…ベランダから庭に下りる階段の下に居たのは、正に手子でした。目が合ってしばらくしたら姿を消しましたが、今までで一番間近で見た姿は至って健康そう。

もしかしたら、もう時間の問題かも知れません。
早く帰って来いよ〜〜!!
ニックネーム 津軽氏 at 19:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月21日

その後の仔猫。

昨日、突如自宅前に現れて、うっかり捕獲器で御用になってしまった仔猫。
捕獲当日の昨日は警戒しまくりで(そりゃそうだな)、一旦ベッドに収まったら身体をびったりベッドに寄せ、顔は必ず前。
絶対に背中を向けることはなかった…のですが…

今日になって一転。背中(お尻)側を向けています。
因みにこのベッド、小型ペット用のもので宮様が幼い時に購入し、以来、合計6匹がお世話になった、我家伝統のベッドなのです。この子で7匹目。
でも、こんな小さなベッドの縦半分も身体の太さがないのです。顔も凄く小さいし、フェレットか!?と、思う位に極細。
その後の仔猫。

その後の仔猫。・2
相変わらず鼻水たらしております(^^;;;;)

その後の仔猫。・3
人が近付くと、「シャーシャーショーショー」威嚇するクセに、「にゃーん」と、お返事する事も。
これはそんなお返事をしている所。しかし変な柄(^^;;;;)

夕方になってからは更にリラックスしたのか、人目があるのにも関わらずご飯をモリモリ食べ、お水をゴクゴク飲み、ベッドではお腹を出して寝る始末。
しまいには、この細長い身体からは考えられない、超巨大+大量のウンチをなさって下さいました…(お食事中の方、スミマセヌ)フン


明日は管理人一家、全員出勤なので、猫だけのお留守番。
はてさてどうなるやら。暴れるなよ。
ニックネーム 津軽氏 at 23:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月20日

仔猫騒動発生!

「こ、こっ、仔猫っ!仔猫っ!!」
…と、今朝、母親の大声で起こされた管理人。
そこ(庭)には見た事のない、細長い白黒の仔猫がおりました。管理人の見た目推定年齢は、生後4ヶ月と云った所でしょうか。

あ…このままだと捕獲器に入る気が…と、思っている内に「カシャン」。

今回はさすがにスズメや居候猫がかかった時の様に、扉を開けてお引き取り願う訳にはいかないので、捕獲器のまま自宅内に。
最初は暴れておとり用のご飯をぶちまけましたが、それ程パニくる訳でもなく。
この時、和室に布衣さんがいましたが、しばらく見ていたら、飽きて何処かに行ってしまいました。宮様もお姉ちゃんもほとんど執着していません(みんな興味ないの?)。
仔猫騒動発生!

んで、取調室(笑・ケージ2階です)へ連行。
ここでも比較的大人しく、多少は威嚇らしき声を出すものの、話しかけると返事をする様なそぶりも。
そして、人がケージの周囲を離れた隙に、ご飯をがっつり完食。
仔猫騒動発生!・2

人に馴れていなさそうな所を見ると、根っからの野良猫の子と思われますが、もしかしたら「保護したけど脱走してしまった」・「保護して、里親さん(新しい飼い主さん)が見付かったけど、お渡しした直後に脱走してしまった」…なんて事も考えられます。
手子の事もあるので、迷子猫のネット掲示板などはちょくちょく見ていますが、該当する猫の記事が投稿されていないか?近隣にチラシなどが貼られていないか?注意して見て回る事にしてみます。

…とは云え、よ〜く顔を見ると両鼻から鼻水がたら〜り…(;´Д`)
しかも身体の毛の一部が、何となーく薄い様な…。
身体も、大人への成長過程で細くなっているとは云え、ちょっと細すぎ。
元の飼い主さんにお返しするにしろ、我家で迎え入れるにしろ、新しい飼い主さんを探すにしろ、この鼻水とゲーハーは治して、健康な状態にしないといけません。あ゛〜〜。


しかしだね。
我家の猫は皆、「ハチワレ(鉢割れ、八割れ)」。しかしこの子の柄は「猫割れ」(笑)。
こんな感じに…見えません(笑)?
仔猫騒動発生!・3
ニックネーム 津軽氏 at 17:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

だ、だ、誰?

DSC_0105.JPG
昨晩、雨でベランダから持ち出せなかった捕獲器に、謎の仔猫がっ!!

現在は取調室(ケージ2階)に連行して、事情聴取中です。
カツ丼頼んでおかねば。
ニックネーム 津軽氏 at 10:10| @携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月14日

近況報告。

相変わらず、手子はまだ我家に戻って来ておりません。

…が、今日、ご近所さんからの目撃情報を受けて(やはり自宅周辺に居るらしい。ご近所さん曰く、「とても綺麗だった。近くに空の容器があったので、水を飲むかと思って、入れておいたわよ」との事。綺麗って事は、栄養状態は良いんだな、きっと)、つい先程、母親と外に出て見たら…やっぱり居ました。
しかし、相変わらず距離を取って、手の届かない位置でストップ状態。
こんな時に限って捕獲器を持って来なかったので(昨日までは持ち歩いていたのに!)、取りあえず無事な事を確認だけして帰宅しました。

で、平日は自宅ベランダに設置している捕獲器。
当の手子は捕まえられない代わりに、周辺をテリトリーとしている野良猫3匹(避妊去勢手術済)+管理人さんの所の居候猫1匹=計4匹中の内3匹と、スズメを1羽、この捕獲器で捕獲出来ました…って、「出来ました」じゃないって!(´Д`)
しかも何でスズメまで入ってるんだorz
皆さんにはいずれもお引取り願いました(災難だったな…スマヌ)。

全く…心配ばっかりかけさせやがってからに…って、悪いのは管理人一家なんですけどね…。


実は脱走当日、逃げたのは手子だけではなく、宮様と布衣も一緒だったのです。
どうやら手引き(?)したのは宮様。和室からベランダに繋がる窓を、わずかにしか開いていなかったにも関わらず、強引に手と顔でこじ開け、そこから3匹が出てしまった様です(お姉ちゃんだけは管理人部屋で昼寝中)。
管理人と母親はすぐ隣の部屋に居たのですが、その事に全く気付かず、管理人が何気なく和室に足を踏み入れた途端、外からマッハスピードで布衣が帰宅(「いけない事をしている」との自覚があった様子)!ビックリして外を見ると、ベランダで宮様がのらりくらりと散策中!慌てて窓を開けて、抱っこして回収しました。

その直後の画像がこれ。当時はまだ手子が居ない事に気付いていなかったので、のん気に撮影なんぞを行っていました…↓

近況報告。
布衣は興奮しまくっていて、鼻と肉球は真っ赤、呼吸もかなり荒い状態。

近況報告。・2
一方の宮様は飄々としていて、悪びれた様子も無し。
どうも宮様、以前に玄関から(集合住宅共有部分の)階段の踊り場に出た時も飄々としていて、「窓やドアで繋がっている所は、今まで行った事のない隣の部屋」と、認識している様子…。


この事件以降、外出やベランダに出る時には、事件以前以上に注意をはかる様にし、網戸ロックなどの防犯系グッズの購入も予定しています(脱走以降、ほとんど窓は開けていないのですが、念の為)。


猛暑なのに節電を強いられているこの時期、窓を開けているお宅も多いかと思います。
ペットを飼われている皆様、今回の我家の一件を反面教師とし、大事な家族を迷子にさせる事のない様、より一層の脱走防止をどうぞお心がけ下さい。


そして、web拍手でコメント下さった皆様。有難うございます。
何とか手子を無事に連れ帰るよう、家族一同で頑張ります。ご心配頂き、本当に恐縮です。
ニックネーム 津軽氏 at 23:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月07日

遭遇…しかし逃げられる。

今から1時間ほど前、母親と捜索に行った所、ばったり手子と出くわしました。
この日は捕獲器を持っておらず、ドライフードだけ持っていたので、カラカラと音を鳴らしたり、数粒投げたりして(拾って食べていた)様子を見ていましたが、どうも家人の声は聞き覚えがある様な素振りをみせました。

しかし、やっぱり近付こうとすると逃げてしまい…そのまま見失いました。
らだ、今日の遭遇で分かったのが、通過するルートがほぼ毎回同じだと云う事。そこに捕獲器を設置した方が良さそうです(今までは、家のベランダか、テリトリー内と思われる、近所の空き地に置いていた)。

…にしても、どうしてそんなにビビりまくって逃げるのか…外の方がよっぽどビビる事が多かろうに。
とにかく、引き続き捕獲(保護)に向けた捜索を行います!

遭遇…しかし逃げられる。
ニックネーム 津軽氏 at 22:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月01日

手子の失踪。

ここしばらく、更新をお休みさせてもらいましたが、実は…7月23日の日中に手子が脱走、そのまま行方不明となってしまいました。

当初は、自宅の庭の階段で1回見たきりだったのですが、脱走から数日して、徐々に行動範囲が分かって来ました。
野良猫時代に居た場所(つまる所、自宅の近く)をどうやら徘徊している模様です。
数日前と昨日、今日、ほぼ同じ場所で目撃していますが、管理人と家族の姿を見ると(「同居していた人間」とは認識していない模様)、足早に逃げて行ってしまいました。
捕獲器も動員していますが、全く関係ない猫が真っ先に入って自爆したり(苦笑)と、正にいたちごっこ状態です。

今回の一件は、管理人一家の不手際が原因ですので、反省すべき事は多々ありますが、まずは彼女を無事に帰宅させる事が最優先事項と考えています。
その為、メールやweb拍手の返信はお返し出来ない場合がありますので、ご了承下さい。

また、ブログの方は、残り3匹は相変わらずまったりと生活しているので、時間が取れたら更新したいと思っています。

とにかく、何とか良いお知らせを出来る様、頑張ります。


手子の失踪。

まったく…あちこちフラフラしていないで、早く帰って来ておくれよ…(´Д⊂ヽ
ニックネーム 津軽氏 at 23:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする